トップへ戻る

この国のエネルギーシステムを革新している現場です

電中研ヨコスカ

地球は未来からの借りものだから…

“この地球は先祖から受け継いだものではなく、
未来の子供たちからの借り物である“という、
ネイティブアメリカンの言い伝えがあるそうです。
いま、気候変動が危機的であることは、私たちも日々体感するところ。
このままでは未来の子供たちにこの豊かな地球を返すことが危うくなっています。

2050年カーボンニュートラルに大きなカギを握る
エネルギーシステムの変革

そこで掲げられている目標が、
2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすること。
それがカーボンニュートラル宣言です。
そのためにわたしたちがやるべきことは、
行政レベル、産業レベル、民間レベルでさまざまにありますが、
中でも大きなカギを握るのが ” エネルギーシステムの変革 ” です。

この国の電力を変えていく、
容易ではない道のりに

現在、多くを火力発電に頼る日本のエネルギーシステム。
まずはカーボンフリーの電源である原子力発電のリスクを数値で把握すること、
そして安全性・信頼性のあくなき追究。
そしてCO₂の排出量を減らした火力発電へのシフト。
最終的にはCO₂を排出しない火力発電と
太陽や風、地熱など自然のエネルギーを繰り返し利用する再生可能エネルギーや、
水素エネルギーも活用する社会へと大きく変えていく。
これが今、我が国、そして世界に求められている容易ではない変革です。

エネルギーシステムの変革をリードする頭脳
と国内屈指の研究施設の集まり
それが、電中研 横須賀地区

電力中央研究所は、我が国のエネルギーシステムの変革を
発想と技術でリードする国内最先端の研究所です。
この国のエネルギーシステムを変えていくことを使命とした
研究組織と研究施設がここ、
ヨコスカにあります。

エネルギーの変革から未来の社会を変えていく
3つの研究組織

発電の変革(トランスフォーム)にチャレンジする
エネルギートランスフォーメーション研究本部。
電力ネットワーク(グリッド)の革新(イノベーション)にチャレンジする
グリッドイノベーション研究本部。
そして原子力リスクの定量化に挑む原子力リスク研究センター 。
3つの組織が一体となって、
自然豊かな三浦半島の広大な一角で日々奮闘しています。

電中研 横須賀地区の挑戦に触れ、
子どもたちにこの国の変革を伝えてほしい

どのような研究者が、どのようなチャレンジをしているのか?
電中研の日々を少しのぞいてみてください。
そして、これをきっかけに未来を担うこどもたちに
この国の変わりゆくエネルギーの姿を伝えてもらいたい。

それがわたしたちの想いです。

研究本部のご紹介

EX研究本部 EX研究本部

最新情報


ENEX2023出展特設ページ

火力発電所ボイラ内の腐食を防ぐ

火力発電 のCO2排出低減 に向けた石炭・アンモニア混焼技術の開発

再エネ・蓄電池・EV 大量接続時の課題解決のための解析ツールの開発

省電力技術が産んだ双方向テクノロジー「ヒトコネクション」

再生可能エネルギーの主力電源化

再生可能エネルギー発電の量・効率・多様性の向上を図ります。再生可能エネルギーの導入拡大に必要な
系統安定化技術を開発し、主力電源化に貢献します。

再エネ・蓄電池・EV 大量接続時の課題解決のための解析ツールの開発

アルカリ形水電解実験装置

パワー半導体合成・性能評価装置

配電需給協調実験設備

二次電池評価試験設備

田中 洋平

由本 勝久

福島 健太郎

米澤 力道

高橋 徹

藤原 優衣

森 昌史

小林 駿

池田 研介

高橋 尚之

佐藤 勇人

山崎 温子

高安全・低コストの原子力

原子力発電所の安全性の定量化や長期運転を実現するための技術を確立します。
さらに今後の新増設・リプレースで採用される次期原子炉に必要な技術を開発します。

構造材料強度評価試験装置

レーザーアトムプローブ装置

非破壊検査

軽水炉三次元熱流動実験設備

配管破損時漏洩挙動計測設備

高温高圧水中応力腐食割れ試験設備

火力給水処理試験設備

配管減肉評価関連試験設備

太田 宏一

宇留賀 和義

東海林 一

酒井 高行

宇佐見 剛

宮代 聡

園田 健

尾形 孝成

中村 勤也

山崎 樂

佐藤 駿介

稲垣 健太

ゼロエミッション火力

火力発電のゼロエミッション化に向けて、水素やアンモニアの製造・供給・燃焼技術やCCUS技術を開発します。

火力発電所ボイラ内の腐食を防ぐ

火力発電 のCO2排出低減 に向けた石炭・アンモニア混焼技術の開発

石炭燃焼特性実証試験装置

実機コンポーネント寿命評価実験設備

燃料電池実験設備

構造材料強度評価試験装置

火力次世代燃料高度燃焼試験棟

遮熱コーティング(TBC)熱サイクル試験装置

石炭ガス化実験設備

固体燃料自然発熱性基礎評価関連装置

炭化燃料化実験設備

若林 信行

橋本 一輝

後藤 聡太

小林 駿

岡田 満利

沖 裕壮

北澤 留弥

野田 直希

山本 融

幸田 栄一

梅本 賢

今林 拓海

電化社会

カーボンニュートラルの実現には電源の脱炭素化のみならず、エネルギーの最終消費の電化が不可欠であることを踏まえ、
産業・運輸・家庭の各部門における電気利用拡大に向けた技術を開発します。

省電力技術が産んだ双方向テクノロジー「ヒトコネクション」

ヒートポンプ研究開発実験棟

ヒートポンプ用空気熱交換器試験設備

ヒートポンプ性能評価試験設備

名雪 琢弥

永田 豊

張 莉

土田 秀一

中島 慶人

宮永 俊之

藤榮 文博

東 朋寛

星乃 紀博

長谷川 浩巳

甲斐田 武延

高橋 雅仁

地域エネルギー需給基盤の構築

多様な主体(事業者・需要家・アグリゲーター等)間における日常的な電力取引を可能とする配電系統の
プラットフォーム化に関わる技術を確立します。さらに、電力以外の部門との相互取引(セクターカップリング)を支援する技術を開発します。

再エネ・蓄電池・EV 大量接続時の課題解決のための解析ツールの開発

アルカリ形水電解実験装置

中島 慶人

森脇 滉

三浦 輝久

上村 敏

三田 裕一

坂東 茂

八太 啓行

大谷 哲夫

鶴見 剛也

宮下 充史

遊佐 博幸

野田 琢

新たな広域系統の形成

複雑化する電力系統において、経済的で信頼性の高い運用を実現する状態監視・制御技術を確立します。
さらに、デジタル化の進展や事業者の多様化によりリスクが高まるサイバー攻撃等に対応するための技術を確立します。

IoT関連設備

高電圧絶縁実験棟

通信メディア実験設備

堂﨑 隆志

本間 宏也

門 裕之

小川 理

長沼 淳

菊間 俊明

平川 哲也

花井 悠二

土田 秀一

池田 研介

本田 匠

川村 智輝

レジリエントなエネルギーシステム

激甚化・頻発化し広域に影響が及ぶ自然災害に対する効果的な防災・減災・復旧技術を確立します。高経年設備や
新たに導入される機器に対し、デジタル技術やセンシング技術を活用して低コストかつ効果的なアセットマネジメント手法を開発します。

収差補正TEM

新機能デバイス研究設備

アルカリ形水電解実験装置

高電圧ホール

大容量電力短絡試験設備

吸気フィルタ性能実証試験装置

配電需給協調実験設備

長尺CVケーブル絶縁特性実験棟

石本 和之

椎名 健雄

中村 馨

遊佐 博幸

上田 紀行

篠原 靖志

三木 恵

尾関 高行

桑畑 暁生

所 健一

畔柳 俊幸

中野 智之

共同開発・オープンイノベーション

電力中央研究所では、オープンイノベーションを推進し、電気事業や社会におけるさまざまな課題の解決に貢献します。

省電力技術が産んだ双方向テクノロジー「ヒトコネクション」