研究設備TOP 配管減肉評価関連試験設備
トップへ戻る

研究設備

配管減肉評価関連試験設備

  • EX

火力/原子力発電所の配管に生じる減肉(配管内壁からの溶け出しや損傷)量を予測し、適切な交換時期の目安にするため、配管減肉現象を再現できる設備で、流速、水質、材料などの条件を変えて減肉量を測り、予測評価手法の確立を目指しています。また、同設備を使って機器配管に生じる振動現象のメカニズム解明も行っています。

分野
  • 原子力発電分野
研究目的
原子力発電所における配管減肉現象の予測評価法の開発

研究設備を動かす研究者たち

内山 雄太

内山 雄太

主任研究員

森田 良

森田 良

上席研究員

設置地区
横須賀地区
担当部署
EX研究本部 プラントシステム研究部門
研究設備TOP 配管減肉評価関連試験設備