研究設備TOP 配電需給協調実験設備
トップへ戻る

研究設備

配電需給協調実験設備

太陽光発電設備など再生可能エネルギー発電設備の増加、配電系統のスマート化(次世代自動化システム)、電力自由化の進展など、今後、需要サイドを含めた配電系統には大きな変革が予想されます。 本実験設備は、これらの変革とともに生じる電力品質、制御機器間の干渉、保護協調、公衆安全等の問題に関連する実験を実施できるよう、配電用変電所模擬電源(高調波重畳等、任意の波形が発生可能なインバータ電源装置)、故障電流発生装置、高圧配電線模擬装置、低圧配電線模擬装置、再生可能エネルギー発電設備模擬装置、各種負荷模擬装置を備えています。近年では、需要家パワーエレクトロニクス機器を活用した電圧調整手法の開発、配電機材の劣化故障、配電線故障点標定、短絡故障・サージに対する機器性能評価、パワーエレクトロニクス機器が発生する電磁ノイズに関連する研究に活用しています。

分野
  • 電力流通分野
研究目的
電圧調整問題など各種電力品質問題に係わる実験
配電系統のスマート化(次世代自動化システム)に係わる実験
配電系統の公衆安全、電磁両立性に係わる実験

私がご紹介いたします

私がご紹介いたします

研究設備を動かす研究者たち

野田 琢

野田 琢

副研究参事

田所 兼

田所 兼

上席研究員

福島 健太郎

福島 健太郎

上席研究員

もっと見る

田中 洋平

田中 洋平

主任研究員
修士(工学)

神足 将司

神足 将司

主任研究員
博士(工学)

中野 智之

主任研究員
博士(工学)

八太 啓行

八太 啓行

研究推進マネージャー
博士(工学)

設置地区
横須賀地区
研究設備TOP 配電需給協調実験設備