研究設備TOP 構造材料強度評価試験装置
トップへ戻る

研究設備

構造材料強度評価試験装置

  • EX

ベースロード運転中の高温機器には、長期間高温で材料に一方向の引張力がかかり続けることによるクリープ損傷が生じます。一方、ピーク対応運転中には頻繁なプラントの起動停止・負荷変動によって高温機器には熱応力の繰り返しが作用し、クリープと疲労の重畳により破損寿命が低下します。当所では単軸クリープ試験機、内圧クリープ試験機、クリープ疲労試験機、熱疲労試験機などを用いて、実機部材や新規材料から採取した数ミリ~数百ミリサイズの試験片に対する強度評価試験を実施し、損傷形態の把握や寿命評価法構築に向けたデータの取得を行っています。

分野
  • 原子力発電分野
研究目的
・火力・原子力材料の強度評価

私がご紹介いたします

私がご紹介いたします

研究設備を動かす研究者たち

西ノ入 聡

研究推進マネージャー

張 聖徳

張 聖徳

上席研究員

茂山 治久

茂山 治久

主任研究員

もっと見る

信耕 友樹

信耕 友樹

主任研究員
博士(工学)

設置地区
横須賀地区
担当部署
EX研究本部 材料科学研究部門
研究設備TOP 構造材料強度評価試験装置