研究設備TOP 高電圧絶縁実験棟
トップへ戻る

研究設備

高電圧絶縁実験棟

  • GI

本研究設備は電力機器の絶縁性能を維持・管理するための基準構築を目的とした、高電圧試験・研究の中核設備であり、国内最高送電電圧である50万ボルト級の電力機器やがいし装置に対して、実スケールでの絶縁耐力試験、ならびに、霧中・注水条件での汚損耐電圧試験を実施することができます。 乾燥条件に加えて、蒸気霧を発生できる試験室として、床面積35m×31m(天井高30m)の大ホール、ならびに、床面積7m×7m(天井高7m)の小ホールが設置されており、最大試験電圧として、雷インパルス260万ボルト、開閉インパルス180万ボルト、交流90万ボルトの電源設備を有しています。霧中・注水条件での試験ができる高電圧ホールとしては、世界的にも最大級の設備です。 主要な試験・研究テーマとして、 ・経年電力機器の絶縁性能評価 ・高分子がいしの長期性能評価 などを進めるほか、電力会社やメーカー等からの各種委託試験(耐電圧試験、絶縁破壊試験など)にも活用します。

分野
  • 電力流通分野
研究目的
電力機器の絶縁性能維持基準の構築
屋外絶縁機器の汚損性能評価

<大型研究設備シリーズ3>高電圧絶縁実験棟

研究設備を動かす研究者たち

本間 宏也

本間 宏也

上席研究員

高橋 俊裕

高橋 俊裕

研究推進マネージャー

設置地区
横須賀地区
担当部署
GI研究本部 ファシリティ技術研究部門
研究設備TOP 高電圧絶縁実験棟