研究設備TOP 非破壊検査
トップへ戻る

研究設備

非破壊検査

  • EX

火力・原子力発電所などにおける各種の発電機器の健全性確認には、超音波探傷試験(UT)が適用されています。当所では、高出力の発信・送信装置を用いた超音波伝搬特性の測定、3次元レーザドップラー振動計測システムによる波動観察や超音波伝搬シミュレーションにより、超音波フェーズドアレイ法を主とした検査技術を開発し、実機に適用しています。またUTを実施する技術者の技量向上を目的とし、実際の試験体や探傷器を使用しないバーチャルUTシステムを開発し、効率的かつ低コストな探傷訓練手法を開発・提供しています。

分野
  • 共通・分野横断分野
研究目的
・発電機器の非破壊検査技術開発
・試験技術者の訓練に用いるバーチャルUT(超音波探傷試験)システムの開発

私がご紹介いたします

私がご紹介いたします

研究設備を動かす研究者たち

永井 政貴

上席研究員

設置地区
横須賀地区
担当部署
EX研究本部 材料科学研究部門
研究設備TOP 非破壊検査